ホットバー用コマンドリスト
コマンド(略式) 説明・備考
/crosshotbar(/chotbar,/xhb) /crosshotbar(/chotbar,/xhb) サブコマンド
クロスホットバーセットを操作、設定する。PvEエリアでのみ実行可能。
»サブコマンド
set(action) “アクション名” セット番号 スロット名
 …指定したアクションを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。セット番号に“current”を指定した場合、現在表示されているセット番号を示す。
general “ジェネラルアクション名” セット番号 スロット名
 …指定したジェネラルアクションを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
item “アイテム名” セット番号 スロット名
 …指定したアイテムを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
emote “エモートアクション名” セット番号 スロット名
 …指定したエモートアクションを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
buddy “バディアクション名” セット番号 スロット名
 …指定したバディアクションを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
pet “ペットアクション名” “ペット名” セット番号 スロット名
 …指定したペットアクションを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。ペット名は省略可能。
minion “ミニオン名” セット番号 スロット名
 …指定したミニオンを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
mount “マウント名” セット番号 スロット名
 …指定したマウントを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
marking “マーカー名” セット番号 スロット名
 …指定したマーカーを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
fieldmarking(waymark) “フィールドマーカー名” セット番号 スロット名
 …指定したフィールドマーカーを指定したクロスホットバーの指定したスロットにセットする。
change 番号
 …指定した番号のクロスホットバーに切り替える。番号に“next”もしくは“prev”を指定した場合、現在表示されているセット番号の次もしくは前のセット番号を示す。
copy クラス&ジョブ名1 セット番号1 クラス&ジョブ名2 セット番号2
 …クラス&ジョブ1のクロスホットバーのセット番号1の内容を、クラス&ジョブ2のクロスホットバーのセット番号2に上書きコピーする。クラス&ジョブ名に“current”を指定した場合、現在のクラス&ジョブを指定する。クラス&ジョブ名に“share”を指定した場合、共有クロスホットバーを指定する。
share セット番号 on
 …指定したセット番号のクロスホットバーを共有クロスホットバーに切り替える。
share セット番号 off
 …指定したセット番号のクロスホットバーを共有クロスホットバーから、現在のクラス&ジョブのクロスホットバーに切り替える。
share セット番号
 …指定したセット番号のクロスホットバーを現在のクラス&ジョブ/共有クロスホットバーのスイッチ切り替え。
remove セット番号 スロット名
 …指定したセット番号のクロスホットバーの指定したスロットにセットされたアクションやマクロなどを解除して、空のスロットにする。スロット名に“all”で指定した場合、すべてのスロットを解除する。

»スロット名の指定
LT+左 … LDL(LD1) RT+左 … RDL(RD1)
LT+上 … LDU(LD2) RT+上 … RDU(RD2)
LT+右 … LDR(LD3) RT+右 … RDR(RD3)
LT+下 … LDD(LD4) RT+下 … RDD(RD4)
LT+X … LAL(LA1) RT+X … RAL(RA1)
LT+Y … LAU(LA2) RT+Y … RAU(RA2)
LT+B … LAR(LA3) RT+B … RAR(RA3)
LT+A … LAD(LA4) RT+A … RAD(RA4)
/hotbar /hotbar サブコマンド
ホットバーを操作、設定する。PvEエリアでのみ実行可能。
»サブコマンド
set(action) “アクション名” 番号1 番号2
 …指定したアクションを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1に“current”を指定した場合、現在ホットバー1に表示されているセットを示す。番号2を省略した場合、最も小さい番号の空きスロットにセットする。番号1、番号2を省略した場合、最も小さい番号のホットバーの最も小さい空きスロットにセットする。
general “ジェネラルアクション名” 番号1 番号2
 …指定したジェネラルアクションを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
item “アイテム名” 番号1 番号2
 …指定したアイテムを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
emote “エモートアクション名” 番号1 番号2
 …指定したエモートアクションを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
buddy “バディアクション名” 番号1 番号2
 …指定したバディアクションを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
pet “ペットアクション名” “ペット名” 番号1 番号2
 …指定したペットアクションを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。ペット名は省略可能。
minion “ミニオン名” 番号1 番号2
 …指定したミニオンを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
mount “マウント名” 番号1 番号2
 …指定したマウントを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
marking “マーカー名” 番号1 番号2
 …指定したマーカーを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
fieldmarking(waymark) “フィールドマーカー名” 番号1 番号2
 …指定したフィールドマーカーを指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットする。番号1と番号2の指定方法は“set”と同じ。
change 番号
 …ホットバー1を指定した番号のホットバーに切り替える。番号に“next”もしくは“prev”を指定した場合、現在のホットバー1に表示されているホットバーセットの次もしくは前のセットを示す。
copy クラス&ジョブ名1 番号1 クラス&ジョブ名2 番号2
 …クラス&ジョブ1のホットバー番号1の内容を、クラス&ジョブ2のホットバー番号2に上書きコピーする。クラス&ジョブ名に“current”を指定した場合、現在のクラス&ジョブを指定する。クラス&ジョブ名に“share”を指定した場合、共有ホットバーを指定する。
display 番号 on
 …指定した番号のホットバーを表示する。
display 番号 off
 …指定した番号のホットバーを非表示にする。
display 番号
 …指定した番号のホットバーの表示/非表示のスイッチ切り替え。
share 番号 on
 …指定した番号のホットバーを共有ホットバーに切り替える。
share 番号 off
 …指定した番号のホットバーを共有ホットバーから、現在のクラス&ジョブのホットバーに切り替える。
share 番号
 …指定した番号のホットバーを現在クラス&ジョブ/共有ホットバーのスイッチ切り替え。
remove 番号1 番号2
 …指定した番号1のホットバーの指定した番号2のスロットにセットされたアクションやマクロなどを解除して、空のスロットにする。番号2を“all”で指定した場合、すべてのスロットを解除する。

実行例
/hotbar set マウント・ルーレット 1 1
 …ホットバーセット1のスロット1に「マウント・ルーレット」を設定する。
/hotbar change 2
 …ホットバー1にセット2の内容を表示する。